神社やマッサージ

その歴史についてご紹介します。

男性不妊の歴史ですが、そもそも医療が発達する前の段階、江戸時代や明治、大正時代まではとくに子供は神様からの授かりものという考え方が日本にはあり、男性不妊や男性不妊治療という考えることはありませんでした。 そのかわり、意識だけはきちんとあり、全国に子宝地蔵があったり、男根を祀っている神社があることからも妊娠したいとう気持ちが強かったことが窺いしれます。 戦後になり、特に1990年代に入ると、女性は妊娠するために不妊治療を受けるようになりますが、男性にも問題がある男性不妊の考えは浸透しませんでした。その考えが広く広まったのは、ごくごく最近で、NHKなどで取り上げられてからです。 しかし、男性不妊について正しく理解がまだ広まっているとはいえないのが現状です。

今後は男性不妊への理解が広まるでしょう。

妊娠や不妊を考えるとき、どうしても女性の問題で男性は関係がないと考えている人も多くいます。 不妊の原因は全て女性にあると考える人のせいで、多くの不妊に悩む女性が苦しんでいると思います。今後の流れとしては、不妊の原因は女性にだけでなく、男性にも原因があることもあるのだ、ということを世間がもっと認識するようになっていくでしょう。 そして、男性の男性不妊の治療を受ける風潮がもっと広がっていくことでしょう。 また男性不妊に効果のあるとされるマッサージやサプリなども多く出てくる可能性があります。実際に亜鉛などは精子の活動を活発にさせたり、前立腺マッサージはEDの改善などに役立ち、男性不妊の治療の一端を担ていると考えらえます。